【妖怪ウォッチ】フランス上陸!仏メダルは日本製ウォッチには使えないぞ!

どうも!Yomotoです。

2013年に開始した「妖怪ウォッチ」、ご存知の方も多いのでは?
日本では大ブームにもなりましたね。

2015年から囁かれていた、世界進出もかなり遅れてフランスに登場です!
海外でも妖怪ブームは起きるのか?
今回はフランス版妖怪ウォッチについてです。

スポンサーリンク

妖怪ウォッチって面白いの?

youkai01
画像:http://www.youkai-watch.jp/

妖怪ウォッチは「レイトン教授」シリーズ「イナズマイレブン」シリーズなどを生み出した”レベルファイブ”が仕掛け人。
ゲームソフトを主体にコミカライズ・アニメ・おもちゃとメディアミックス戦略され大ヒットとなった作品です。

妖怪ウォッチを知らない方に簡単に内容のご説明を。

クレルくん
ある夏の日、天野 景太(ケータ)は虫取りをしている最中に妖怪執事ウィスパーと出会います。
ウィスパーは妖怪を見ることのできる不思議な時計「妖怪ウォッチ」をケータに渡します。

なんと世の中の不思議な現象・問題は「妖怪のしわざ」だというのです。
ケータは妖怪ウォッチを使い、妖怪とともだち契約を結びメダルで召喚して妖怪が起こした不思議現象や問題を解決していくのです

子供はもちろん大人も巻き込んで日本ではブームになっていましたね。
Yomotoも子供達と一緒にアニメを見たりしていますが大人が見ても面白い!

というのは、アニメにいろいろなパロディやギャグが満載で元ネタを知っている大人はもちろん、知らない子供達も笑っております。

例えば「楳図かずお風」

youkai03

こちらが楳図先生の恐怖顔。

youkai04

「美内すずえ風」

youkai05

美内先生といえば「ガラスの仮面」、ガラスの仮面といえば白目が特徴ですよね。

youkai06

漫画ネタ意外にも、「川口浩探検シリーズ」をパロったり、「三国志」をパロったり、かなりたくさんパロディを入れてます。

実はこれ、親子の会話を生み出すための仕掛けでもあったんですね。

「(子供がわからないネタで)お父さんだけが笑うとする、そうすると子供は『今なんで笑ったの?』と聞くでしょう。それを作り出すためにあえて入れている。『妖怪ウォッチ』には、子供に向けた動きのあるギャグと、大人にしかわからないギャグの両方があるんです」
引用:http://news.mynavi.jp/news/2015/05/03/135/

これは妖怪ウォッチ”レベルファイブ”の代表取締役社長/CEO・日野晃博氏の発言なんですが、まぁ何とも簡単にYomoto家は引っかかっておりましたよ~。

うちはメディアに振り回される典型的な一般ピーポーですね(^ ^;)ゞ

ゲームももちろんやりました!
DSなので子供でも簡単に出来る操作性に加え、妖怪をゲットして集める「コレクター魂」を揺さぶるこの展開、子供だけでなく大人もハマるのも理解できます。

そんな「妖怪ウォッチ」がフランスにもやってきたのでレポートしてみます!

スポンサーリンク

フランス版「Yo-kai Watch」とは?

はい。ではYo-kai Watchフランスではこのような展開をされています。

【アニメ放映】

2016年4/11からBoing Franceで開始、そして2016年8/29からGulliでも放映開始しました。うちはプロバイダーの関係でBoingが有料チャンネルだったので最初は見れず遅れて視聴。

エンディングの「ようかい体操第一」もフランス語バージョン☆
ラッキイ池田氏の振り付けはフランスでも通用するのか?期待ですw

さて気になる主人公ケータの名前ですが(誰も気にしねーよ、って?いやいや気になるでしょ。翼くんがOlivier(オリビエ)、ピカチュウの相棒はSacha(サーシャ)なんだから!)

フランス版では「Nathan(ナタン)愛称Nate」です。

ジバニャンは「Jibanyan(ジバニャン)」そのままですね。

youkai07

Yomotoの好きなメラメライオンは「Feulion(フゥリヨン)」火のライオン、直訳です。いつもうちの子はメラメラライオンと間違えます( ´,_ゝ`)こっちのが言いにくい・・・

youkai09

ブシニャンは「Shogunyan(ショーグニャン)」このへんはアメリカ名とかぶせたっぽい。

youkai08

このように妖怪ウォッチでは海外ネームになっておりました。とはいえ、中身は日本の内容と変わらないので多々使われるパロディが果たしてフランス人に伝わるのか?というといささか心配が山済みです。

例えば第1話には、ウィスパーが驚くところにイヤミのシェーポーズがあったり、ドラマ「24」風のカウントダウンがあったりしますが気付いてもらえるのでしょうかね。

しかし「ダジャレ」は省かれていました。日本の第1話にはウィスパーの自己紹介部分で「執事(しつじ)」と「羊(ひつじ)」にかけてノリツッコミのシーンがありますが、仏版ではカット。ほかにも日本版ではケータパパとママはプリンで夫婦喧嘩をしますが、仏版は「ギリシャヨーグルト」でしたwww

yomoto
Yomotoはやっぱりワルニャン推し♪

【3DSソフト】

そしてDSソフトもアニメに連動して4/29発売されました!

youkai10

内容は日本版と同じようで、もちろんジバニャンの「ひゃくれつ肉球」も健在です。

youkai11

Amazon.frでのカスタマーレビューでもなかなか高評価ですよ♪次回にYo-kai watch2が出るのか、はたまたYo-kai watch Sushi or Tempuraでしょうか!?

【妖怪ウォッチ】

DSソフトが出れば、もちろん妖怪メダルも発売されるわけです。ということで、Yo-kai watchも発売中!!

トイザラスのみで発売されていたようですが、いよいよスーパーのおもちゃ売り場にも登場♪こちらオー○ャンの特設売り場。

youkai12

アピール半端ないです。妖怪メダルも売っていたので、日本の妖怪ウォッチと併用できるかもと購入してみました。

yokai13

中には3枚のメダル。これで4.99ユーロ・・・
た・・・高い( ;∀;)値段設定間違ってます、Hasbro!!

メダルの大きさは日本のものと変わりません。

yokai15

しかし日本メダルとフランスメダルでは溝の位置が違い、日本の妖怪ウォッチで使用することは出来ません!!

yokai14

がっかりです・・・

妖怪メダルの音声認識は、メダルに刻まれた4列に並んだ出っ張りが同時押しすることでパターンを識別しているようなので、そんな理由かは分かりませんがメダル仕様が変わっております。

みなさんはYomotoのように無駄金を落とさないように!

ただこの値段では、コレクションしたくても親は渋りそう~・・・(・∀・i)

まとめ

うちも大好きな妖怪ウォッチなので、フランスでも人気が出てくれれば嬉しいのですがね。これはちょっと厳しそうな感じ。

せめてメダルが共有できれば良かったのになぁ。ここでもリージョン制限か。。。

ただただ「Jibanyan」が「Pikachu」ぐらいの世界共通語になることを願っております。

クレルくん
でも現実は友人A君に「何これダサい」って言われて・・・
yomoto
゚ ゚∑( Д ノ)ノ彡そんな!!

追記

やはり恐れていたことが。。。

Amazonフランスのレビューでは妖怪ウォッチ(時計&メダル)の評価悪し。やっぱり高いんだよね~。もっと気軽にコレクションできる値段なら良かったよね。

パワーレンジャー商品のように、品替えセールを見てしまうと可哀想でまた買ってしまうかも・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする