サイドミラー交換方法!知っておけば簡単に出来る交換手順☆

生活情報

自分の車を傷つけてしまうとヘコみますよね。

特に、車体からちょこっと外にはみ出ているサイドミラー、ちょっとした不注意で擦ってしまう・ミラーを傷つけてしまう、なんて経験したことありませんか?

 

しかもサイドミラーが使えないと、結構危険です。

死角部分をちゃんと目視するのって意外に大変なんですよね^^;

今回はサイドミラーを自分で交換する方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

愛車はガレージに!!

どうもよもとです!

なんと先日、自宅前に駐車していた愛車のサイドミラーが破壊されていました!

 

朝、自宅窓から発見したのですがサイドミラーを前方向にバキッと首を折られておりました。

ビックリして外に出て見て超ショックを受けていると、ちょうど散歩していたおっちゃんが

信号からずっと、この道に停めてある大半の車のサイドミラーが壊されてたで~

よもと
よもと

え?うちだけじゃないの???

ハッとお隣さんも見てみると、がっつりサイドミラー垂れてる~・・・

お隣さんも折られておりました。

 

その後、子供を学校に送りがてら被害のあった道を歩いていくと、およそ300mほどの距離で10台以上の車はサイドミラーが壊されておりました(ꐦ°д°) 

もう、絶対アホな若造が遊び半分で壊しまくって去っていった、そんな光景が目に浮かびます。

 

いたずらで壊されただろうし、と保険屋さんに電話をしたらそれでも120€払わなければいけないとのこと。

 

うーん、それなら中古で部品見つけて自分で交換した方が安く済むぞ。

ということで、自分で交換してみることにしました。

 

フランスという国は、自分でいろいろしないといけませんね。

例えば、日本のTV番組を海外で見るとかね。

海外在住者がVPNを使うなら有料?無料?メリットとデメリット
海外でもインターネットが使える環境なのは嬉しいけど、海外IPアドレスは何かと規制があります。 とくに日本人のわたし達が...
モンタロ
モンタロ

ちなみにフランス語でサイドミラーは「rétroviseur 」発音が大変です。

車の部品を探してみよう☆

フランスのお方って、いろいろなものを大事に取っておきますよね。

蚤の市では、売れるんか?と心配になるようなボロボロの靴や何につなぐか分からないアダプターだったり・・・

 

車も同様、義父いわくサイドミラーの中古品もどこかにあるからネットで調べてみろ、ということで探しました。

 

まず、欲しい部品・車種・モデル等の情報から探してみましょう。

私の場合は、「occasion・rétroviseur・campus・gauche」なんですけど、これだけでは弱いんです。

いろいろな年代のものが表示されます。

 

そこで自分の車に合ったモデルを探すときは「車両登録書 CARTE GRISE」から読み取るのが便利です。

 

車種は知っていても年式でいろいろ違いますし、同じようなモデルに見えてもちょっとモデルナンバーが変わったりしますからね。

まずTYPE MINESを探しましょう。

登録書のD.2かD.2.1のことです。

 

もしくはA.のナンバープレートの番号(Numéro d’immatriculation)で調べられることもできます。

この番号にはいろいろな情報が含まれており、部品を探す際に車種を特定してくれますからね。

 

これらを大手の部品販売サイトに入力し、自分の探している部品が見つかればいいのですが無い事もあります。

しかしこれらを1つずつサイトで探すのは労力が必要です。

 

そこでTYPE MINESやNuméro d’immatriculationから、車種や年代などが分かればこれを元にググりましょう。

 

例えばうちの車は「CLIO II PHASE 4 」となるのでこのモデル+部品名を入れると、検索に引っかかります。

そこから選ぶと楽チンです。

 

面倒なので私は画像から似ている形を選んで探します。

絶対中古品でという人は必ずoccasionを入れてね。

物によっては新品と中古価格は倍以上違いますからね。

 

私の場合は、大手サイトになくEbayに同じような部品があったのと、opisto.frという中古部品のECサイトにあり、安くて信用のおけそうなところから購入しました。

よもと
よもと

 送料合わせて39€☆自分で出来ることが増えるのは大事です!

さてここで大変なのが同じ車種の部品であるか?ということ。

間違って注文すると痛いです。

 

1番いいのはサポート用の電話で直接聞くのが1番ですが、フランス語力があって車のことに詳しくないとツライです。

 

ですので、自分の車種や年代、モデル形式など詳細をちゃんと確認してから購入しましょう♪

 

例えばサイドミラーは電動と手動があるので「électrique」「manuel」とか、カバーだけなら「coque」、鏡だけなら「verre」「miroir」「glace」、運転席側なら「chauffant」と入力の確認をしましょう。

実際に交換してみよう♪

うちの車は手動タイプのサイドミラーなので、めっちゃ簡単でした♪

こちらの動画を参考させてもらいました。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

まず、車内からのサイドミラーのカバーを外します。

赤い枠の部分からマイナスドライバーなどを使うといいです。

 

少し力が要りますが、あまり勢いよくやり過ぎると内側の爪を壊すことになりかねませんよ。

少しずつずらしていきましょう。

外すとこんな感じです↓

赤丸のところにネジが埋め込まれているので外します。

1つはゴムのカバーがついているので、カバーを外してからネジをはずしましょう。

 

ドア側のネジを外すときに、ドアの隙間に落とす可能性があるので注意してください!

 

もう1つ注意点が、画像のようにみたところ3箇所しかネジがないように見えますがもう一つネジ止めされています。

うちは知らずに外したところ、壊してしまったので・・(。>ω<)

 

中古で買ったものも同じように壊れていたのでこれはClio campus特有かもしれませんが、みなさんはご注意ください!

 

壊れたサイドミラーを外し、新しいものをはめ込みネジ止めします。

ゴムカバー・サイドミラーのカバーを取り付ければ完成☆

所要時間5分でした。

クレル
クレル

よもとの旦那でも出来るほど簡単だよ♪

 

ワイパーの交換はもっと簡単です!

リア(後ろ)ワイパー交換は簡単!ブレードの外し方やゴムの替え方
雨の日に車の運転をすると必要なのが「ワイパー」ですよね。 ワイパーが劣化していたり壊れていると、上手く水滴を拭えない・...

まとめ

フランスにいると車の傷に日本ほどヤイヤイ言わないかもしれませんね。

でもちょっとした修理や交換なら自分でできることもあるので、興味がある方の参考になれば幸いです。

 

うちの車は手動だったので簡単に出来ました。

もしも電動の方でも、電気の線が切れたりしていなければ簡単に変えられそうです。

 

これもYou tubeに交換方法をUPしている人もいたので、格安にすませたい人はぜひ自分ですることをお勧めします!

 

よもと
よもと

以前サイドミラーを割ってしまったときは直接ディラーで購入しましたが、探してみると1/3以下の値段でネットで購入できたことを発見・・・━━<(ll゚◇゚ll)>━━!!!!!

ネットの力は偉大です!

生活情報
スポンサーリンク
よもとをフォローする
よもとフランス雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました