無料WIFIスポットは危険!iPhoneを安全に使うためのVPN設定

どうもYomotoです!

日本でも増えてきた無料Wi-Fiスポット、海外にも多くの無料の公衆無線LANがあります。
でもセキュリティには怪しいことがたくさんなので、無料だと言っても使うのにちょっと躊躇していました。

ですがiPhoneをちょっと設定し、簡単で安全に無料Wi-Fiスポットでインターネットを使う方法があるのでご紹介します!

スポンサーリンク

無料Wi-Fiスポットは実は危険満載!!

ここフランスでもインターネットはどんどん発達しています。回線速度とか日本にはまだまだ追いつかないけれども、無料Wi-fiスポットは至る所にありますよね。

大きなショッピングセンターやファーストフードはもちろん、公園でもWi-fiが使えるところもあり便利なのですが、実はこのような公衆無線LANは

「サイバー犯罪に利用される、足掛かりになる可能性がある」

「利用者の通信を盗聴される危険性がある」

といった安全上の問題点があります。

ホテルやファーストフードのお店なんかは、パスワードを設定し通信の暗号化を設定しているところも多いのですが、せっかく暗号化されていても利用客の利便性を優先してパスワードを固定化しているところもあり、もしかしたらそのパスワードは既に解読されている可能性もあるのです。

つまりは悪意ある第三者からは、無料Wi-fiで利用している通信内容が丸見えになって、その際に使われたパスワードやメール内容など重要な情報を盗まれてしまうのです!!

syokoさん
ええ?!丸裸にされているってこと?いや~~~

そうさせないためにVPNを設定し、安全に無料Wi-fiを使用しましょう♪

Freeって言葉は好き?ここに日本のTVをFreeで見れちゃう方法もあるよ☆

どうもYomotoです! 海外にいると日本のものが恋しくなる。 海外在住のあるあるですよね。 とくに日本のテレビ番組が恋しいという人も...

スポンサーリンク

iPhoneの無料VPN設定方法

またまた今回も筑波大学のVPNサービスを利用させていただきます!
前回のVPNを使った海外から日本のサイトにアクセスする方法はこちら。

どうもYomotoです! インターネットのおかげでさまざまな恩恵を受けていませんか? メール交換はもちろん、日本の情報を得たり、スカ...

今回はiPhoneやiPadといったApple製品のデバイスを使った方法になります。では参りましょう!

VPN構成の追加方法

さてまず筑波大学のVPNサービスのサーバー名をコピペしたいと思います。こちらにアクセスしてください。

スクロールしていくと、このようなサーバーリストが出てきます。

iphone-vpn01

※クリックで画像が大きくなります

スマホやタブレット等のデバイスではL2TP/IPsecでの通信を推奨していますので、リストをL2TP/IPsecのみにしてからにお好きなサーバーの「☆△○□.opengw.net」というDDNS名 (.opengw.net で終わる英数字)をコピペしましょう。

というのはDDNS名で入力しておけば、次回にVPNサーバのIPアドレスが変更しても引き続き使用が出来ます。毎回の変更手続きがいらないので便利ですよ!

ただ国・地域によってはDDNS名を正しく使用することができない場合があります。もしDDNS名で使用できない場合は、代わりにIPアドレス(DDNSの下にあるxxx.xxx.xxx.xxxという数字)を入力してください。その場合は次の使用にまた新しいIPアドレスの入力が必要になります。ご了承くださいね。

そしてデバイスから設定を開きます。

iphone-vpn

設定→一般→VPNをタップし、VPN構成画面を開きます。

iphone-vpn02

タイプをL2TP、
①・説明はお好きな名前、
②・サーバは先ほどのコピペしたDDNS名を貼り付け、
③・④・⑤・アカウント、パスワード、シークレットにはすべてVPN
以上を入力し、完了をタップします。

これでVPN構成は終了です。VPNを接続してみましょう。

iphone-vpn03

接続が完了すると画面上部のWi-fiマークの横にVPNのマークが表示されます。

設定はこの初回(DDNS登録の場合)だけでいいので、次からは設定にVPNのオン/オフの切り替えで出来ます。

もしも自分のIPアドレスが変更したか確認したい場合は、VPN Gate のトップページに表示される自分のIPアドレスや国・地域の表示が変化しているかどうかで、VPN通信が正常に行えているかどうか確認することもできますよ。

iphone-vpn04

Yomotoも香港のサーバーの登録をしてみました。フランスにいるはずですが、香港からの発信という風に偽装していますね。

yomoto
これで少しは安心して無料Wi-fiスポットを使用出来るというものです。

※「VPNgate」で同じサーバがいつまでも稼動している訳でもありません。もしもサーバが移転した場合は、編集画面から新しい構成を入力してください。

まとめ

いかがでしたか?意外に簡単なので1度設定しておけば、「無料Wi-fiを使いたい!けど不安・・・」なんていうときにとても便利です!

また中国でスマホからFacebook、Twitter、インターネットに接続したい!なんてときにも便利ですよ☆

無料なのはありがたいけど、セキュリティ面に全く不安がないわけではありません。もちろん使わないよりはマシですけどね。そしてボランティアで運営されている以上、いつダウンするか分からないというパフォーマンス面でも不安は残ります。そんなときは有料のVPNサービスを利用した方がよいでしょう。有料と無料のメリットデメリットはこちら。

どうもYomotoです。 海外でもインターネットが使える環境なのは嬉しいけど、海外IPアドレスは何かと規制があります。とくに日本人のわた...

今回はデバイスに直接VPN構成を構築する方法でしたが、アプリを使って簡単に出来る方法もありますよ☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする