ランダム再生付きFMトランスミッターのレビューとヒューズの交換方法

どうもYomotoです!

前回の記事でご紹介した「FMトランスミッター」ドライブに大活躍なのですが、好きな曲をリピートしたい、ランダムに聴きたいなど欲が出てしまってます。

そこで相方の車にも欲しい、ということになりもう1台のFMトランスミッターを購入することにしました。しかし今回は前回のものにない機能が出来る物を、ということでリモコン付きのBT67のレビューとFMトランスミッターのヒューズ交換方法をご紹介します♪

スポンサーリンク

FMトランスミッターBT67のレビュー

はい!前回に引き続きFMトランスミッターのレビューです。

クレルくん
前回の記事はこちら↓
どうもYomotoです! 車の運転中にスマホの好きな音楽を聴けたら、快適なドライブになることは間違いないですよね? 普通に聞けばいいじ...

前回のFMトランスミッターは、とてもシンプルなものなので使うのにもトリセツ無しでも全然OKなぐらいでした。

しかし、いざドライブに出たら子供たちが好きな曲をリピートするために、曲戻しボタンを押すために小さなボタンで押しづらかったり、運転の横でガチャガチャとされることが気になり、「壊れたらリモコン付きのもいいなぁ~」と目論んでおりました。

目論見を悟らせないよう、うま~く相方の車にも搭載しようじゃないか!とそそのかし、今回のFMトランスミッター「BT67」をポチらさせていただきました。

今回のFMトランスミッターにした理由は

  • リモコン付き
  • フォルダ再生、ランダムなどの再生機能付き
  • USBチャージ可能
  • USBもしくはSD(マイクロSD)カード再生可能
  • bluetooth接続
  • AUX-IN接続

これだけイロイロでき、およそ2000円ほど!

これで車内が快適になるのなら安いものです。

届いた商品の内容はこちら。

今回のFMトランスミッターはヒューズ付きです。本体・リモコン・3.5mmステレオミニプラグ・交換用ヒューズ・取り扱い説明書が入ってました。リモコンもリチウム電池が入っていたのですぐに使えました。

こちらのBT67もFM周波数を87.5から108.0MHZまで選択できます。FMの周波数の合わせ方・ペアリングは前回のものと同様です。

今回は「BT67」と表示されます。本体の周波数の変更は、本体からでもリモコンからでも可能です。

では、本体を見ていきましょう。

①電話の応答、リダイヤル、音源の再生・一時停止のボタン、周波数の調整、曲送り・曲戻し

②Aux-in ポート、USBポート(チャージ可能)

③USBチャージポート

④SDカードスロット

そしてリモコンはなかなか多機能です。
Folderボタン:記録メディアのフォルダを変更。
EQボタン:イコライザ機能で自然、ロック、ポップス、クラシック、ジャズ、の5種類から選択。
丸い円の矢印ボタン:再生方法を変更。すべてリピート、ランダム、一曲リピート、フォルダの4つの再生方法。

と、FMトランスミッターなのにいろいろ機能がついています。

ただリモコンからもハンズフリー操作が出来ますが、使うのかな?^^;おもに一時停止か再生でしょうね。音量の変更がリモコンからしか出来ないのは不便です。

実際に使ってみると・・・全然無問題!ノイズもなく音質もこの値段なら十分です。

1度スマホをペアリングしておくと、USBメモリを差していてもスマホが優先されます。先日USBメモリを差していても音楽が流れないので「なぜだ~?」と悩んでいたら、スマホのペアリングが自動でされていました。(自分のスマホもbluetoothがオンになっていたので)ご注意を♪

フォルダ切り替えが出来るのは便利ですよ。1つはフレンチポップ、1つはJ-ポップなどなど分けておけば、メモリをいちいち変えなくてもいいです。

またいつも同じ順番に聴くと飽きてしまうので、ランダム再生も出来るのはありがたいです。とはいえ32Gまでのメモリを読み込めるので、曲数にしたらかなり運転しないと・・・私は200曲ほど入れたら1Gぐらいだったので www

このFMトランスミッターも、曲中レジュームではなく曲頭レジュームになってしまいます。もしも元が長い音源の場合は、編集して短くしておくことをおススメします。わたしも仕事用の音声レポートを聞くように、元のファイルを編集し5分~10分ごとに分けたところ、とても聞きやすく移動中も無駄がなくなりました^^

長距離ドライブのときは動画が必須!
うちの場合はこの方法です☆

どうもYomotoです。 長距離の移動や、待ち時間、ちょっとした合間に自分の携帯やタブレットで動画が見れると退屈な思いをしないですよね。...

スポンサーリンク

FMトランスミッターのヒューズ交換方法

さてさて先ほどもお伝えしましたが、今回のFMトランスミッターはヒューズで過電流から本体を守ってくれています

このFMトランスミッターは、まだ使い始めたばかりなので大丈夫なのですが、もしも
「シガーソケットに入れたのに電源が入らない?!」
そんなときは、ヒューズが切れているかもしれません。

車内で電気を使うのはFMトランスミッターだけではないので、複数の充電をした・エアコンなどなどの原因から過電流が起き、本体を壊してしまうことがあります。しかしヒューズ内臓なのでヒューズを新しいものに交換すれば、本体は元のように使用可能です。

ではどこにヒューズが入っているかというと・・・

シガーソケットに差し込む先端の白いところを回すと、

先端が外れて、中からヒューズが出てきました。もしこのヒューズの中が断線していれば切れているので交換が必要です。

yomoto
ヒューズと一緒にバネやワッシャーがあるので、失くさないように注意してくださいね^^

こんなものも交換してみました!

どうもYomotoです。 以前、義両親に贈ったタブレットが「電源が入らない」「充電できない」と相談されました。いろいろ聞いてみるとしばらく...

まとめ

今回はリモコン付きのFMトランスミッターのレビューをしてみました。

うちの車内は狭くても便利に使えるので、少し大きめのミニバンなら後部座席からでもリモートコントロール出来るのでさらに便利でしょうね!

荷物が届いて、開封したときにヒューズが入っていたときはどこにヒューズを入れれるんだ?といろいろ捏ねくり回したら交換方法が見つかりました(笑)

運転中にスマホから聞いてもいいのですが、スマホの容量もアップアップだったのでUSBメモリに音楽を入れてFMトランスミッターを通して聞くのが1番ベストになりました☆

こんな記事も人気です。

どうもYomotoです! 海外に住んでいると日本国内のサイトの動画の閲覧許可が出なかったり、無料のWi-fiを利用するにもかなり不安だった...
どうもYomotoです! みなさん、 日本のドラマは恋しくないですか? バラエティ番組で大笑いしたくないですか? はい、Yomo...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする