FMトランスミッターの周波数の合わせ方は?使い方とレビュー

どうもYomotoです!
車の運転中にスマホの好きな音楽を聴けたら、快適なドライブになることは間違いないですよね?

普通に聞けばいいじゃん、ってそうではなく車のスピーカーを通して聞くのです。私も1人で運転中のときは、大音量の1人カラオケ状態なんですが、これが出来るのもFMトランスミッターのおかげ!

スマホだけでなく、USBメモリからでも好きな音楽聞き放題♪今回はFMトランスミッターの使い方、周波数の合わせ方をレビューとともにご紹介します。

スポンサーリンク

FMトランスミッターって何?

車の中で聴く音楽、みなさんどうしてます?

例えば車にBluetooth搭載のカーナビやカーステレオがあれば、スマホやMP3プレイヤーなどで無線で音楽を楽しむことができますが、うちの車のようにカーステレオにUSBポートがなく、Bluetoothなんて以てのほかなんていうことよくあります。

え?
CD聴けばいいじゃん。

と思うかもしれませんが、長い道のりのドライブのときなど何回も同じCDを聴くのも、CDを入れ替えるものメンドイ。っていうか、音楽はほとんどデジタル化して持っているので、わざわざCD化するのすらメンドイ。

ってYomotoだけじゃないですよね!?そんなときこそ「FMトランスミッター」の出番です♪

FMトランスミッターとは、FM放送と同じ周波数と変調方式の電波に乗せ送信する機械です。簡単にいえば、空いているFMラジオ周波を借りて自分のスマホ音楽など音声が聞けるのです!

接続方法は有線タイプ・Bleutooth対応タイプがありますが、Bleutooth搭載タイプを購入すれば、配線の煩わしさを感じません。車載用はシガーソケットを利用するものが多く、デバイスを充電しながら使えるものもあります。(たまに電池式もありますよ。)

それだけではなく、ハンズフリー搭載のものが多いため運転中の通話も可能です。

yomoto
ではでは早速レビューを♪

iPhoneやiPadで動画が見たい、という方はこの方法は必見です♪

iPad・iPhoneでaviや他の動画ファイルを無料で再生する方法
どうもYomotoです。 長距離の移動や、待ち時間、ちょっとした合間に自分の携帯やタブレットで動画が見れると退屈な思いをしないですよね。...

スポンサーリンク

FMトランスミッターの使い方&レビュー

今回Yomotoが購入したFMトランスミッターがこちら↓

Amazon.frで購入したためTenswallというメーカーでしたが、Amazon.jpで人気モデルとほぼ同モデル。日本語での案内も付いていました。トリセツはもちろん仏語でしたけどね。

FMトランスミッターの形は違えど、基本的な使い方はこんな感じ。

①シガーソケットにFMトランスミッターを差し込む(必要ならオンにする)。

②スマホなどデバイスのbluetoothをONにする。(有線やUSBやSDカードのときは④へ)

③機器同士のペアリングをする。

④FMトランスミッターとの接続が完了したら、FMの周波数を合わせる。

⑤デバイスから音楽を流す。

ね、簡単でしょう♪

そして本体はこんな感じです。

まず緑色の電話マークは、電話の応答・リダイヤル・音源の再生、一時停止のボタン。
赤色の電話マークは、電話の、周波数・音量のモード切り替えのボタン。
その下のマークはマイクです。

続いて側面に。
①音量・周波数の調整、曲送り・曲戻し
②U/Iにするとバッテリー電圧計測機能・負荷電流計測機能
③Auxポート

反対の側面にはUSBポートが2つ付いています。小さなガジェットですが、いろいろな機能がついてますよね。

さっそくペアリングをしてみます。シガーソケットに差し込むと自動で電源が入ります。携帯のBluetoothをオンにし検索が始まります。この場合は「Carkit」と表示されました。

ペアリングが完了すると、合図のチャイムがなり接続済みと表示されます。そして周波数を合わせればすぐに使えますよ!USBメモリ接続の場合は、ペアリングは必要ありません。

スマホにVPNアプリを1つは入れておきましょう!

無料で登録も不要!制限無しのスマホVPNアプリお勧め5選
どうもYomotoです! 海外に住んでいると日本国内のサイトの動画の閲覧許可が出なかったり、無料のWi-fiを利用するにもかなり不安だった...

このFMトランスミッターは(ほとんどの機種が)曲中レジュームは付いておらず、曲頭レジュームのみです。もし長めの録音を聞きたいときにエンジンを切ってしまったりすると、止まったときの曲の最初からなので気をつけてくださいね。

 FMトランスミッターとFM周波数の合わせ方

さてよくFMトランスミッターでつまづくのが「周波数が合わせられない」ということをよく聞きます。周波数が合っていないと、せっかく無線や有線で配線してもデバイスの音源はスピーカーを通って聞こえることが出来ません。

合わせ方は、まずFMラジオの無音の周波数を探しましょう。うちの場合は108.0でした。その数字とFMトランスミッターの数字を合わせます。

このFMトランスミッターの場合は、赤電話ボタンを長押しします。ディスプレイの数字が点滅したら、側面の+や-ボタンで数字を変えていきます。このとき、音楽を流しておくと分かりやすいですよ。数字が合えば、音楽はスピーカーから聞こえますからね。

音は?というと・・・バッチリです!ノイズもなく音質もこの値段なら十分です。ただ本体が小さいので、曲送りや曲戻しのボタンを押すのがやりにくいですね。あと本体のみの音量だと音が小さいので、出発前にデバイス側と車側で調整してから運転しましょう!

USBメモリでも音楽を聴いてみました。十分に使えます!ただ注意して欲しいことが1つ、USBメモリのファイルシステムは「FAT32」でフォーマットしてから使用しましょう。最初のときに「NTFS」の状態で使用したら音が出なく、不良品かと思いました。

もしかして・・・とファイルシステムを変更したら問題なく音楽が聴けましたよ。

ハンズフリーは、相手の声は問題なくスピーカーから聞こえます。自分の声は、人によってさまざまです。ある人は普通の状態と変わらないと言われ、また別の人は声がこもった感じがする、と言われました。

もし自分の声が伝えづらいときは、マイクの位置を変更してみて調整してみるといい感じです。

 まとめ

今回購入したFMトランスミッターは約2000円ほどでした。それでこの快適さは素晴らしい!!買って後悔なしでした。

たった1つ難を言えば、このFMトランスミッターはUSBメモリで音楽を聞く場合に、シャッフル再生やフォルダでの再生が出来ない、また聴きたい曲に合わせる方法が曲送りしかないという点です。

この点を別のトランスミッターで改良できたら嬉しいなと思いますね。

でも結局はドライブはカラオケ状態で運転中です!

車のサイドミラーも交換してみました!

サイドミラー交換方法!知っておけば簡単に出来る交換手順☆
どうもYomotoです! 自分の車を傷つけてしまうとヘコみますよね。 特に、車体からちょこっと外にはみ出ているサイドミラー、ちょっと...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする