機内持ち込みに注意!おもちゃでも持ち込めない物や意外なNGな物

どうもYomotoです!

格安航空会社のおかげで海外旅行も身近になっていますよね。しかし安全な飛行のためには、機内持ち込み手荷物に多くの制限も加わってきます。

以前に液体物の制限が変更されたことで、飲み物や化粧品などの機内持ち込みに気を付ける方も多くいらっしゃいますよね。

しかし飛行機への搭乗前には保安検査場にて、ボディチェックや荷物のセキュリティチェックで持ち込み制限物と判断されてしまうと、預け直したり所有を放棄しなければなりません!

今回は飛行機内へのおもちゃの持ち込み制限についてや、意外にも持ち込めないもの、また私が持ち込み制限を知らなかったことで、意外なものを没収されそうになりウチの子を半泣き状態にさせてしまった体験談もてご紹介します!

スポンサーリンク

【体験談】注意!機内に持ち込めないおもちゃ

まずは私の体験談からお聞きください。

それは大韓航空を利用した帰仏時の出来事でした。乗り継ぎのために向かった保安検査場での出来事です。

※Yomotoは英語がからっきしのため、このように聞こえております。

検査官
◎△$♪×¥●◎△$♪×¥●&%#?!&%#?!
yomoto
??? この荷物は私のか?ってことか。。Yes Yes!
検査官
◎△$♪×¥●◎△$♪×¥●◎△$♪◎△$♪×¥●&%#?!&%#?!
yomoto
えー何だよ何言ってんの??

と、適当に受け流していたのですが荷物を開けろという事になり、中身を取り出したものがこちら↓

「ガブリボルバー」ちょっと懐かしめのおもちゃです。私の頭の中では「おもちゃ」としか認識していなかったため、これに何が問題があるのか全く分かっていませんでした。

※ここからは英語が聞き取れていませんが、おそらくこうだろうという翻訳です。

検査官
これは何だ?何に使うのですか?
yomoto
私の息子のだ、これは子供のおもちゃです
検査官
おもちゃでも武器類似品は機内への持ち込みはできません。
yomoto
えええええーーーーー!??マジっすか?
検査官
本当です。これは機内には持ち込めません。破棄するかチェックインカウンターで預け直すしかありません

ここで状況を理解し、子供たちに説明すると下の子は半泣きに・・・

困ってフリーズしてしまっていると、見かねた検査官の方から

検査官
チェックインカウンターに行って荷物を預けなおしませんか?

と言われていたようなのですが、もう「Yes」しか言えない私。。。

言われるがまま保安検査場の入り口にまで戻ると、そこにはチェックインカウンターがありました。検査官のお兄さんはカウンターのお姉さま方に理由を話してくれ、ササッーとおもちゃを紙袋と緩衝材に包み、私の搭乗券から手荷物タグを印刷してくれました。

実際の梱包してもらったものがこちら。

壊れないようにと愛を感じます(*゚▽゚*) お姉さんからはパリで荷物をピックアップしてね、と他の荷物は最終地までスルーだったため忘れないよう念押しもしてくれる気遣い。

yomoto
大韓のスタッフ、めっちゃ優しいじゃ~ん

このようにわざわざ日本から持参したおもちゃを危うく没収されるところでした!

実は先ほどの会話の中にもありますが、おもちゃといえど武器類似品は飛行機内への持ち込みが禁止されているのです。航空会社によっては明らかにおもちゃと判断できるものは、持ち込めるようですが他にも

  • 手裏剣
  • モデルガン
  • 手錠
  • 空気銃
  • スリングショット(パチンコ)
  • ヌンチャク

などなど、このようなおもちゃは【機内持ち込みはできません】

どうしても持っていくというときは、スーツケースの中に入れ預け荷物としなければいけません!

海外旅行に、一時帰国に無料Wi-Fiを使うならVPNは必須ですよ。

>>>海外在住者がVPNを使うなら有料?無料?メリットとデメリット

スポンサーリンク

機内持ち込み荷物にできない意外なもの

よく知らずに手荷物として持ち込み飛行機に乗ろうとしたら、保安検査場でトラブった。なんてことは実際によくあることです。

ハサミやカッターなんかはよく知られているので持ち込まないと思いますが、中には「え?これってダメなの?」なんていう知られていない物もあるのです。

そこで手荷物として、飛行機内に持ち込み不可能な意外な物をご紹介します!

①一部スポーツ用品

スポーツをするための道具ですが、一部のものは凶器にもなりうるため機内への持ち込みが禁止されます。例えば

  • ゴルフクラブ
  • バット
  • 竹刀
  • ハンマー
  • ビリヤードのキュー

などです。確かに機内でゴルフクラブやバットを振り回されたら怖いですよね^^;

保安検査官や空港によっては、テニスやバトミントンのラケットも危険物と判断され機内への持ち込み制限をすることもあるので、心配な場合は必ず航空会社へ問い合わせをしておくか預け荷物に入れておくべきですよ。

海外からでも日本のTVを見たい?ネット環境があるならこの方法♪

どうもYomotoです! 海外にいると日本のものが恋しくなる。 海外在住のあるあるですよね。 とくに日本のテレビ番組が恋しいという人も...

②ソムリエナイフやアーミーナイフ

ソムリエナイフはワインを開けるための物だとしても、ナイフが付いているため機内への持ち込みはできません。同様にアーミーナイフも持ち込めませんよ。

刃つながりで言えば、カミソリナイフでもT字のものはOKです。ただ刃渡り4㎝以下と決まっているのでご注意ください。

③カレーやスープなど液状のレトルト食品や味噌など

友達のお土産、向こうで日本の味が恋しくなるから、と日本食を持っていく方も多いと思いますがレトルト食品でも液状のものは機内への持ち込み不可です。

他にも味噌・海産物・漬物・ゼリー・ヨーグルトなど開封していなくてもダメですよ!ちなみに缶詰でも制限品として没収されてしまいます。気を付けてくださいね。

自家製パンはOKです^^

どうもYomotoです^^ 以前に日本のHBを購入し、フランスで使用していること、 そして失敗の連続であることをご紹介しました! ...

④カメラスタンド・三脚

異国の風景を写真におさめたいから、カメラ用の三脚を持っていくこともありますよね。しかし機内へ持ち込む場合は長さに注意しましょう。

たたんだ状態で、60㎝以上になってしまうとNG!持ち込むことができなくなってしまいますよ。

海外に行っていても、日本の番組全録だから見逃さない!ガラポンのレビューはこちら。

海外でも日本のTVを見れたらな・・・ 海外生活中にそう思ったことは1度は必ずあるはず!インターネット上にはYouTubeやどこかのサイトで...

⑤釣り竿

釣り好きの人なら、知らない土地で獲物を釣り上げてみたいという願望もありますよね。釣り竿も④の三脚同様「60㎝以内」に分割できない場合は、機内へ持ち込みできません。

もしも分解できない、という場合には「203㎝以内」に収まれば預け荷物として持っていくことは可能です。しかし貨物内では手荒く扱われるため、壊れてしまわないようハードケースに入れて保護を忘れないようにしましょう。

⑥工具

向こうで購入するのは勿体ないからと、手荷物に入れてしまっては没収されてしまいます!預け入れ荷物内であれば大丈夫なので、最初からスーツケースにしまっておきましょう。

トンカチやノミなどの工具もですが、ドリルやバーナーなども持ち込めませんよ。

携帯用の小型工具セットは、キリや目打ちのようなものが入っていなければOKとされることもあるようです。

⑦スノードーム

お土産に買ったものを手荷物に入れたまま、なんてこともありますよね。実はスノードームも液体扱いされてしまうのです。

手荷物ではなく預け入れ荷物に入れましょう。

空港で購入したのなら不正開封防止袋(STEBs)に入れてもらうことで、自主放棄することなく持ち帰ることができますよ。

STEBsとは「Security Tamper Evident Bags」の略で、一目見て分かる特別なビニール袋に液体物の免税品を入れて、保安検査場で没収されず機内へ持ち込むことができるのです。

今までは空港の免税店や機内でお酒や化粧品を購入したくても、乗り継ぎ検査場を通過しないといけない場合に放棄しなければならなかったのですが、このSTEBs梱包してもらえれば乗り継ぎでも機内へ持ち込むことが可能になります。(一部空港では導入されていなかったり、制限を設けていることもあるので気を付けてください)

知らずに機内へ持ち込んではいけないものもイロイロあるので注意したいですね。

また刃物に関しては

米国など海外からの出発時に、それらの物品が保安検査場にて発見された場合、その国の法律に則り、罰金を課されることがあります。引用:https://www.jal.co.jp/inter/baggage/limit/

という罰則もあるので十分に注意してください!

まとめ

親の私の無知なことで、危うく子供の大切なおもちゃを破棄しなければならないところでした^^;

知っているようで知らない飛行機事情、乗る前にはちゃんとチェックしておきましょう♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. akiko より:

    はじめまして。
    「フランスで2児の子育て、日本語継承、在宅ワーク、海外で和食、」全てに当てはまるものです。笑
    さらにドラゼミも続けております。ドラゼミでのブログを検索していてこちらにたどり着きました。

    飛行機のおもちゃの件ですが、なかなか厳しいですね。
    私も以前、空港の雑誌売場で子供向けのおもちゃがついたものを買ったことがあるのですが、なんと子供が選んだのが「のこぎり」「ドリル」つきのもの、、、
    もちろんプラスチックですし、のこぎりにいたっては、固めのスポンジ素材にメタルっぽいシールが貼ってある柔らかいものなので、特に乗務員さんに注意されたわけではないのですが、座席のテーブルのネジをドリルで締める真似したり、アームレストをのこぎりで切る真似していた息子は周囲の注目を浴びまくってました。汗

    武器じゃなくて、DIY道具だったから注意されなかったのでしょうか、、、
    基準がよくわかりません。

    • yomoto より:

      akikoさま
      閲覧またコメントまことにありがとうございます。
      「フランスで2児の子育て、日本語継承、在宅ワーク、海外で和食、」全てに当てはまっていらっしゃる!
      同志ですね^^
      ドラゼミは下の子は続けていますが、上の子はスマイルゼミに乗り換えてしまいました。
      とてもハマっています。良かったらまた記事にUPするのでぜひお越しくださいね。

      DIYおもちゃはアリなのですね。((φ(-ω-)カキカキ
      使用する空港やセキュリティチェックの人によっても違うのかな、とも思っております。
      1番安全なのは「機内持ち込まない」なのでしょうが・・・
      私はフランス地方空港の出発ではチェック漏れされた「子供用ハサミ」を羽田でチェックされたこともあります^^;
      基準は。。。国民性? (笑)